飲食店バイトから未経験で事務へ転職

飲食店アルバイトから未経験で事務職へ転職はできますか?


ずばり答えます。できます!
派遣会社で働いていた時、度々このような質問を受けることがあります。 オフィスワークをしたことが無い人にとって、事務職というのは敷居が高いように感じるようです。 むしろ飲食店でのアルバイトの経験があるなんて素晴らしいことです。 特に飲食店できっちりと働き「接客の心(ホスピタリティ)を持っている人は最強の事務への道が開かれるでしょう! (最強の事務職についてはまた別で記述します。) しかしながら、飲食店でのアルバイトしかしたことが無い方が事務職としてキャリアチェンジ、採用を得るためには色々と準備をする必要があります。 もちろん準備などしなくても採用される場合はあると思いますが、確実に狙った企業で事務職の仕事をしたいなら、準備はしっかりとして欲しいと考えます。 私からのアドバイスとして、「これは絶対しよう」「できたらしよう」の2つに分けて、下記の通り未経験者が事務職の面接へ臨む際の準備事項を記述しました。ぜひご参考下さい。

未経験の事務職に挑戦する際の準備

これは絶対しよう

1.職務経歴書をPCで作る。

事務職志望で書類応募するのならば、職歴書をPCで作りましょう。 アルバイトでは職歴書が無くて採用されたと思いますが、事務職への応募の場は用意した方 がよいです。おそらく、作ったことがない方もいるかと思いますが、ここはインターネット などで調べて作りましょう。職歴書は決まったフォーマットはないので、自分の強みや 意気込みを自由いアピールできます。

2.エクセル・ワードを勉強する。

現代の日本で事務職として働くなら、パソコン絶対使えないとまず採用される事はありません。その中でも特にワードとエクセルは使えないと、厳しいものがあります。せめて基本操くらいは覚えて、面接で「簡単な表とか作れる?」とか言われて「できます。」と答えられるようにしておきましょう。

3.ブラインドタッチを練習する。

事務で仕事をする上で一番基礎的でいて、また仕事の速さに直結する能力としてあるのが「タイピングスピード」があります。ブラインドタッチはその名前の通り、キーボードを見ないで打つという事です。「タイピング速度 測定」などと検索すると、無料のタイピング測定サービスが出てくるので、ここで練習しましょう。毎日やっていれば速くなります。ヒントはホームポジションです。

4.PCスキルをアピールする。

書類選考においても面接においてもアピールして欲しい事があります。 それはPCスキルです。何故かというと、飲食店や販売店などのアルバイトをしている人は パソコンがあまり使えないという印象を持たれやすいからです。ここはキッチリとアピール しましょう。

5.服装を気をつけよう

飲食店などのアルバイトですと、服装が割と自由だったりします。 ですが、オフィスではそうはいきません。面接に行く際は思わぬ服装でミスをしないように できればスーツを着るようお勧めします。スーツが無ければ、オフィスカジュアルという手 もあります。スーツは高いので、UNIQLOやGUのセットアップなどを購入すれば安く抑えられますので検討してみて下さい

6.髪の色、髪型、アクセサリーを確認しよう

飲食店、特に居酒屋は髪の色やピアスなどが自由だったりします。 面接前には必ず、髪の色は落ちついた色にしましょう。 また髪型も奇抜なものにならないようにして下さい。

7.敬語を確認しよう

コンビニ敬語使っていませんか?面接の前に確認しましょう。 ただ、あまり敬語を意識し過ぎて話辛くなるようでしたら、 せめて丁寧に柔らかい雰囲気で話すという事を意識してみて下さい。

8.用語を確認しよう

面接官から仕事の説明を聞く事があると思います。 例えば、仕事の説明の中で「パソコンで金額と商品名を入力して、見積書を作ります。」 などと言われた時、見積書という言葉が分からなければ、仕事の説明を理解できません。 ぜひ面接前にはオフィスで使いそうな用語をチェックしておいてください。

できたらこれもしよう

1.ワード・エクセルの資格を取る
2.簿記の資格を取る
3.秘書検定の資格を取る
4.TOEICを取る

↑ PAGE TOP